FC2ブログ

15'3 徳島県警 性犯罪被害者の心に寄り添う 県警女性捜査官に特別研修

 徳島県警が、女性捜査官に性犯罪捜査の専門知識を学んでもらう特別研修「性犯罪捜査専科」を始めた。これまでも1日だけの講習は行っていたが、より充実した内容にするため、5日間の入校制度を取り入れた。昨年11月の第1回には県内9署から11人が参加。新年度以降も続ける。
 
 強姦や強制わいせつといった性犯罪事件では、被害者の女性が心身ともに傷ついているケースが多い。このため、被害者からの聞き取りを担当することが多い女性捜査官に、より専門的な技術や知識を吸収してもらおうと企画した。
 
 第1回に入校したのは警察署の刑事課などに所属する女性警察官。捜査1課や鑑識課、科学捜査研究所の担当者らから、県内での性犯罪の発生状況や被害者からの聞き取りの仕方、DNA採取の方法、被害者支援制度の概要などについて講習を受けた。
 
 証拠採取の実技研修や、児童が強制わいせつ被害に遭ったとの想定で被害児童への聞き取りを行うロールプレイも実施。多くの性犯罪被害者の診察を行っているさいじょう産婦人科(徳島市)の西條良香医師を講師に招き、産婦人科での診察の仕方についても学んだ。
 
 参加した組織犯罪対策課の新居千鶴警部補(37)は「被害者の心の傷に寄り添い、理解者になりたいと思った」と言う。担当した捜査1課の久樹健司広域捜査官は「捜査員のレベルアップを図ることで犯人検挙につなげたい」と話している。
 
 県警によると、2014年の強姦(未遂など含む)の認知件数は前年と同じ5件、強制わいせつ(同)は1件増の19件だった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

seigi004

Author:seigi004
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、世界の警察のニュース、話題、トピックスを紹介するブログです。




↓ランキング・よろしく・管理人正義

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック