FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15'3 静岡県警巡査が捜査協力者名漏らす 弁護士会勧告

 静岡県弁護士会は十日、捜査情報を提供した男性協力者の名前を県警捜査員が第三者に漏らしたとして、個人情報を漏らしてプライバシー権を侵害することがないよう求める勧告書を県警に出したと発表した。

 勧告書によると二〇一三年夏、県中部の協力者は商業施設の店舗で、刑事事件の容疑者として指名手配されている男が友人と話しているのを目撃し、警察署に情報提供した。数カ月後、署で事情聴取を受けた友人に、県警機動捜査隊の巡査が協力者から情報提供を受けたことを告げた。

 一、二週間後から協力者の自宅に暴力団関係者と思われる男が押しかけるようになり、玄関を蹴飛ばされたり、チャイムを鳴らし続けられたりした。嫌がらせは三カ月ほど続き、協力者は体調を崩し入院した。

 協力者から相談を受けた県弁護士会人権擁護委員会が調査。県警に問い合わせたところ、本部長は名前が漏えいした事実を認め、巡査は協力者に謝罪したとの回答があった。県警警察相談課の担当者は「勧告書が届いておらずコメントできない」と話している。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

seigi004

Author:seigi004
ようこそ!!
ご訪問ありがとう、世界の警察のニュース、話題、トピックスを紹介するブログです。




↓ランキング・よろしく・管理人正義

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。